賃貸物件の退去時の張替え

賃貸物件を退去した時には原状回復工事を行うことを貸主や不動産会社から求められます。この際に、少しだけ汚れているからと言って、壁紙や床の全面の張替えを求められることがあるかもしれません。しかしながら、これらは自然消耗するものだと考えられているために、故意や過失がない場合には、家賃にその費用が含まれていると考えられています。また、故意過失があった場合でもその部分だけの一部張替えの費用しか請求できないという考え方が一般的になってきています。そのため、もし賃貸物件の退去時にこれらの費用を求められているならば、支払わないという強い意志表示を行うようにしましょう。

壁のアレンジ自由自在

賃貸住宅に住んでいると、退去する時に原状回復しなくてはならないことから、自分好みにリフォームすることは無理と考えられていました。しかし、きれいにはがせる壁紙やマスキングテープなどの登場によって、賃貸でも、壁については比較的自由にアレンジできるようになったといえます。貼ったものを簡単にはがすことができるので、原状回復がたやすいだけでなく、こまめに模様替えすることも可能になるので、気分転換にもなり楽しく生活することができます。ただし、壁材や壁の状態によっては使えないこともあるので、事前に十分に確認することが必要です。

新着情報

↑PAGE TOP