相続の対象となる賃借権

賃借権は一定の賃料を支払うことで目的のものを使用したり収益を行うことができる権利で、それ自体に財産価値があるため相続の対象になります。建物を所有する目的の場合であっても、特別な保護がなされています。もし相続する人が複数存在する場合は、賃料の債務が相続分に応じて分割されるということが起こる場合があります。しかし賃借権は分割することができないため、複数存在する場合は相続人全員が共同で相続することになります。

↑PAGE TOP